京都カメラ散歩

実家(神奈川)から姉と母親が京都に遊びにきました。

関東では、いわずと知れたJR東海のキャンペーンCM「そうだ 京都、行こう。」の影響か、京都好きな人が多い気がします。
ご多分にもれず、私も大の京都好き。

私が関西に仕事の都合で来た時は、住む場所も仕事に支障のない範囲内で京都に近い所。
そして、休みの日は毎週末自転車を持って京都に出かけていました。

それほど京都はなんだか特別に好きな所。


・・・前置きが長くなりましたが、そんなこんなで京都をご案内~


 四条河原町に泊まった翌日、今回は定番とも言えるコース
巽橋→花見小路→安井金毘羅さん→八坂の塔→高台寺→石塀小路を通り「ひさご」さんでお昼
→八坂神社→円山公園→蹴上インクライン→南禅寺→水路閣

写真は一部ご紹介。
e0221870_23325758.jpg

石塀小路でやってしまいました。
舞妓さんの後ろ姿を決定的チャンスとばかりに撮りましたがこんな写真に・・・
フィルムカメラは一般的にデジタルカメラよりも色を表現する幅が広いため、多少露出を間違えても問題なくプリントできます。

しかし、、これはその許容範囲を超える露出オーバー。
いくらレンズ焼きが優れているとは言え、これは救出できないようです。

ネガでも慎重に撮らないといけませんね・・・。


e0221870_2327550.jpg


e0221870_23275438.jpg


ひさごさんでご飯。

e0221870_23282218.jpg

桜が咲くと人でいっぱいになるインクライン。冬はひっそりとして、誰もいませんでした。

インクラインは傾斜となった路面で貨物を運ぶためのレールやそれに付随する機械を指すそうです。

e0221870_23472349.jpg

南禅寺

e0221870_23474172.jpg


冬は夕方になると影が長くなり、いい雰囲気になりますね。

冬の京都は寒いですが、楽しんでもえらえたようです。

text;居候
[PR]

by nabecame | 2011-02-24 23:50 | カメラうんちく話