フィルムで撮ったらレンズで焼く会 しまなみポタリング 二日目

いつもは深夜の2時以降にしか寝ない私ですが、この日は早く寝たため、目ざましなしで早朝5時に起床!

窓を見ると、だんだんと空が明るくなっていきます。

e0221870_172439.jpg

宿の窓からこの景色。

e0221870_1275148.jpg

丁度岩の間から登ってきます。

もっと綺麗に見たかったので、朝練兼ねて、男性だけでこの近くにある亀老山展望台まで自転車で
登ってきました。
山頂まで307m、ひたすら登りですが、なんとか足を一度も着くこと無く登頂!
苦労の後の景色はまた格別!
e0221870_1314360.jpg

こういう、展望スポット(デートスポット)に鍵はお約束ですね。

e0221870_1322629.jpg


建築家・隈研吾が設計したこの展望台は、周囲の景観になじみ、なおかつ機能的。
すばらしいです。
e0221870_1343012.jpg


e0221870_1344637.jpg

太陽はだいぶ上がってしまいましたが、本当に綺麗に見えます。
登ってよかった!

e0221870_1361213.jpg


登ってきただけなので、帰りは下りのみ。
あっという間に宿到着!

朝ごはんを食べて9時30分に出発します。


この日向かうのは、尾道へ帰る途中の大三島にある「伊藤豊雄建築ミュージアム」と「岩田健 母と子のミュージアム」。

どちらも建築家・伊藤豊雄が設計した見応えのあるミュージアム。


これだけ朝早く出れば余裕と思いきや、そうは問屋が卸さない・・・(・。・;

私含め、出発早々いろいろな所でパシャパシャ・・・結局行けたのは「伊藤豊雄建築ミュージアム」
のみ。。
e0221870_143389.jpg

建築のミュージアムという時点で日本初らしいですが、この建て方・・・

なんと垂直の壁が一つもない!おまけに屋内では寝ながら鑑賞する!

コンセプトが新しくユニークです。

いいもの見れました。

e0221870_1491674.jpg

周りの風景とも調和しています。

さて、鑑賞し終わったら、13:30分。15:30瀬戸田発、尾道行きのフェリーに乗るため、行きに3時間かかった道をがんばって戻ります。

ちょっと無理!?と思いましたが、なんとか今度ばかりは急かせて30分前に到着!

みなさんの速さにも驚きましたが、写真撮っている時間って、実は走っている時間より多いの?(・_・;)


無事に16時過ぎに尾道到着、18時過ぎの新幹線で帰ってきました。

一見緩そうですが、トータルの走行距離は140km程でした。
坂道も多い中、みなさん重いカメラ担いでお疲れ様でした。
[PR]

# by nabecame | 2012-05-25 01:58 | 出来事

海外のカラーフィルムは色が違う?

去年ドイツに行ったとき、4セット×36枚撮りのフィルムが3ユーロ以下でフツーに売られており、
「めっちゃ安ぅー」とついつい買ってしまいました。

e0221870_031640.jpg


安いからやっぱり写りとかも微妙なのか!?(腕がないのは棚に上げといて・・・)


また、海外のフィルムは、その現地の記憶色というのを元に作られており、現地の人が見ればそれが普通の色。(記憶通りの色)しかし、海外の、地元で育っていない人にとっては違和感のある色になってしまうと言われています。(本当に正しい色かどうかは別にして。)


期待と不安に胸ふくらませて、やっと、やっと撮影し終わったので結果発表。


e0221870_08265.jpg


e0221870_082123.jpg


e0221870_084854.jpg


上の事は単なるうわさなのか、全く関係のない、ニュートラルな色(に感じます)。
しかも綺麗に色が出ています。

すべてではないかもしれませんが、海外のフィルム、問題なしです。
(でも、特徴が出たら出たでおもしろかったかもしれません。)

あ~もっと買っておくんだった・・・(-_-;)

(text:居候)
[PR]

# by nabecame | 2012-05-22 00:11 | カメラ撮り比べ

フィルムで撮ったらレンズで焼く会 しまなみポタリング

ナベカメで希望者を募り、自転車の聖地「しまなみ海道」に行ってきました。

しまなみ海道とは、広島県尾道市から、愛媛県今治市まで続く、日本で初めての海峡を横断する約70kmの自転車道です。

集まったのは私含めて6人。
朝、新幹線で新大阪を出発。7時前に乗ったので、9時30分位には広島県の尾道に到着しました!
e0221870_0151176.jpg

自転車6台

ここから走りだしますが、天気も最高、みんなカメラ好き。撮影しつつでなかなか進みません(^_^;)
e0221870_0164320.jpg


でも、こんな時間をかけられるのもカメラ好き同士の旅行ならでは。
時間をかけて、それぞれマイペースで進みます。
e0221870_0165750.jpg


しまなみ行くと必ず夜「はっさく屋」。
e0221870_0173433.jpg

閉まっていました(T_T)
しかも理由が足!?足を使って作ってたの!?

天気も最高で、海と空と橋のコントラストがとても綺麗!
e0221870_0223040.jpg


e0221870_0225217.jpg


e0221870_023960.jpg


通常、2時間位で来れる所、3時間以上かけてお昼を食べる瀬戸田に到着。

あなごもおいしいですが、今回はたこ飯をいただきます。
e0221870_0202762.jpg


お腹がいっぱいになったら眠くなった・・・ということで、近くのビーチで食休み。
みんな自由すぎます(笑)
e0221870_0205147.jpg

めがねでめがね撮り!

その後、こんなペースで撮影しつつ、今晩の宿がある大島の「ふなやど」に向かいます。

道中坂道も多い中、みなさんよくがんばりました。
e0221870_0233952.jpg


宿はなんとビーチの前!5月なので泳ぐ訳には行きませんが非常に綺麗な眺め。
東側なので夕日は見れませんが、明日の日の出が楽しみです。
e0221870_024293.jpg


夜は写真を撮るのも忘れるほどおいしい海鮮ずくし!
e0221870_0242752.jpg


っと、食事をしていると宿の方から「〇〇様」にお客様です・・・


え!?と思い急いで外に出ると、、








なんと店長が!

すごいサプライズでした。
他の居候は撮影目的。店長は松山近くにあるお墓参りにきているとのことでした。

それにしても、わざわざ高速道路を降り、宿の名前もわからないのに探してくれるなんて。。

笑顔や、人のびっくりする顔が好きな店長。ここまでやるなんて・・・店長好きです!

あとその野生の感は脱帽・・・(・。・;

この日は10時には就寝。
明日の日の出に備えます。

・・・つづく

text:居候
[PR]

# by nabecame | 2012-05-20 00:27 | 出来事

結婚式の写真

 仕事で、時々結婚式の型撮りを補助することがあります。
型撮りとは親族の集合写真など、言ってみれば結婚式の最重要項目でもあるわけです。

撮影はデジタル一眼ですが、修正しないで済むように真剣そのもの。
立ち位置など、細部までチェックして写真を撮ります。

それでも時々姿勢が悪い、目をつぶっているなどのことがあり、ここだけの話、修正することがあります。


 披露宴など、全体を撮影するスナップはISO800は当たり前で、さらに外付けTTL測光ストロボを使い撮影します。

しかし、これだけいい条件で撮影できるのに、失敗写真はわんさかあったりします。。


じゃあ、失敗がさらに許されないフィルム時代はどう撮影していたのか疑問を持ち店長に聞いてみると・・・

あの頃はそれが普通だったから、頭よりもう体で覚えたと答えが返ってきました。
プロとして許される範囲内でのトライ&エラーを繰り返し、場数を踏むしかないようです。

ちなみに店長は一度の披露宴スナップでISO400 37枚撮りフィルムを8~11本使うそうです。
ただ、一本のフィルムを37枚撮ったから交換・・・としていたのでは大事な場面を逃すので、
ケーキカットなどイベント毎のフィルム交換をしていたそうです。
そのタイミングをつかんで素早くフィルム交換するのが難しいそうです。

話を聞いていると、その真剣度合いは当然今以上だったと思います。


で、体で覚えた店長は、今ではTTL測光など使わずともマニュアルでストロボの調整をしてしま
う。しかもストロボ感のない、自然な仕上がり。自動でもこうはいかないかも。

すべて機械任せにしていたのでは身につきにくい技です。
便利になった反面、失う面もあるのだと思いました。

そのほかにも、動きが静かで素早い!無駄がないんです。
合気道の達人のような動きです。


は~道は遠すぎる・・・

e0221870_0581269.jpg


text:居候
[PR]

# by nabecame | 2012-04-11 00:59 | 出来事

フィルムで撮ったらレンズで焼く会 3月定例会

フィルムで撮ったらレンズで焼く会の3月定例会を行いました。

各自企画した撮影会の発表に始まり、恒例の作品講評(希望者のみ)をしました。
撮影時の意図や構図、目線、その人の癖などがわかり、非常に勉強になります。

次回以降、各自企画した撮影会の写真を持ちより、みんなで作品講評することが
決まりました。
撮影会には参加するけど、他の参加者がどんな視点でどんな写真を撮っているのか
気になったことはありませんか?

同じシチュエーションなのに、あっちはうまくて、自分は全然ダメ・・・なんて
ことはありませんか?

そんな時は積極的に聞くことで、お互いさらにレベルアップが期待できるかもしれません。

撮影会に参加できなかった人も、それを見ればどんな所に行ったのかがわかり楽しめるでしょう。

各自企画する撮影会はナベカメ店頭まで。
e0221870_2155595.jpg


text:居候
[PR]

# by nabecame | 2012-03-12 02:16 | 出来事