ライカRレンズで写真散歩 その2

ライカRレンズで写真を楽しむ。

今回はCANON EOS kiss(フィルムカメラ)にLEICA ZUMMICRON-R 2/50をアダプターをかませて装着して撮影します。
e0221870_3201119.jpg


こうすると、カメラの内蔵露出計が働き、自動でシャッタースピードが設定され、ピントさえ合わせれば簡単に撮影ができるのです。(前回記事はこちら

e0221870_21431850.jpg


e0221870_21433993.jpg


e0221870_21435348.jpg

陶芸でどんぶり作りました!色塗りが終わったところ。

e0221870_2144464.jpg


e0221870_21441511.jpg

フランス製のおみやげ。缶詰なのに絵になる・・・。

印象としては、階調が豊かで、シャドウ部もつぶれない。しっかり写っているのになめらかなボケです。
この特徴はフィルムで撮るとよりわかりやすくなります。

いいレンズは是非フィルムで!そして現像もレンズ焼きが最高です。

(Text:居候)
[PR]

by nabecame | 2011-05-30 21:45 | カメラ撮り比べ

カメラレンズの違い

さて、早速ですが問題です。

e0221870_218179.jpg

右:
EF28-90mm F4-5.6 II USM
レンズ構成(群)8
レンズ構成(枚)10
絞り羽根枚数5
 (カメラを買うとキットで付いてくるレンズ )

左:
EF24-105mm F4L IS USM
レンズ構成(群)13
レンズ構成(枚)18
絞り羽根枚数8 (円形絞り)
(発売時価格145,000円)

下記二つの作例ですが、全然違うスペックのレンズで撮影しています。
どちらがどちらのレンズで撮った方でしょうか?
ちなみに、同じカメラ、同じ設定で撮影しています。

作例1
e0221870_2123639.jpg


作例2
e0221870_2131871.jpg







正解は・・・「作例1」が高い方、「作例2」が安い方のレンズでした。

これは好き、嫌いの問題でもありますが、高いレンズの方がよりコントラストがついて、細部まで表現できていることがわかります。

それだけではありません、やはり高いレンズの方が手ブレ補正が付いていたり、諸収差を良好に補正してくれるんです。この差を高い!と思うか安い!と思うかの差ですね。

デジタルでもレンズひとつでここまで差が出るんです。これをフィルムで撮影してレンズ焼きしたらどれだけ差が出るのでしょうか!?

text:居候
[PR]

by nabecame | 2011-05-20 21:30 | カメラ撮り比べ

ブライダルフォト

友人から結婚式の撮影を頼まれ、コツを店長に聞いてみると、こんなものを貸してくれました。

e0221870_17520100.jpg


何に使うかと言うと、通常、カメラの上に取り付ける外部ストロボを横に取り付け、安定感を持たせるためのものです。

イメージとしてこんな感じです。

e0221870_17102299.jpg

(※画像はイメージです。実際はデジタル一眼レフで撮影)

NIKONではこういったものがプロ用の純正でありますが、CANONではないようで、なんと店長自作!
首にかけたときの安定感が違います。

そしてストロボにも一工夫
e0221870_17423380.jpg

e0221870_17425038.jpg

白厚紙を貼り付け、フラッシュの光を壁などに反射させてから被写体に照射する、「バウンス発光」の効果を高めることができます。
バウンスをすると、光が柔らかくなり、いかにもストロボを使いました、写真を防ぐことができます。
また、天井に照射・拡散させるため、被写体周囲も明るく撮影できます。


今回の装備は
上記を装着させた
CANON EOS KISS X2+Canon EF 24-105mm f/4 Lと
NIKON D80+Sigma 30mm f/1.4 EX DC HSM(ストロボなし)の2台体制で挑みます。

近い所や料理の写真はNIKONの単焦点が活躍。

e0221870_17253860.jpg


e0221870_17273495.jpg


ふんわりとした印象で撮影できます。

そして、CANONは
e0221870_1736313.jpg

日中シンクロしても厚紙のおかげで程良く明るく撮影できます。

e0221870_175027100.jpg

大光量のストロボで夜間も自然な感じ。

今回、ストロボを使った結婚式の写真は初めてで、いろいろ戸惑うことも多かったのですが、いい経験になりました。
友人にも喜んでいただき、また機会があれば挑戦したいと思う今日この頃です。

(text:居候)
[PR]

by nabecame | 2011-05-14 17:57 | カメラうんちく話