安く魚眼レンズを楽しむ

魚眼レンズは強烈な歪曲が特徴で、純正なら10万以上、シグマなどサードパーティでも6万以上と、
常用できない割には手が出にくいお値段です。

でもちょっと気になるという人は結構いるかと思います。
それならこんな組み合わせもありかもしれません。

e0221870_20021.jpg

MC ZENITAR F2.8 16mm

ちょっとキワモノ系ではありますが、ロシア製の魚眼レンズです。
オークションなどで、新品でも2万円しない位で購入することができます。

ほとんどがM42というマウント規格ですが、このマウントはアダプターがそれこそ2000円前後と
安く出回っているため、いろいろなカメラに取り付ける事ができます。

ただ、フルサイズ以外のAPS-Cデジタルカメラにつけても、魚眼本来の独特な歪曲が見られず、
魚眼っぽいけどちょっと中途半端な印象です。

e0221870_25087.jpg


e0221870_252436.jpg


もちろんAF機能はありません。
しかし、F2.8と明るいレンズのため、F8以上に絞ってあげればパンフォーカスで撮影ができます。
意外とシャープでコントラストが強くパフォーマンス高いです。

これをフィルムカメラにつけてあげれば、すごく安く対眼魚眼を楽しむことができます。

e0221870_295291.jpg


e0221870_2102092.jpg


スキャンしたデータなので少し発色は悪いのですが、実際にはきちんと綺麗に撮れます。

何よりも、ファインダーをのぞくのが非常に楽しくなります。
しかし、次は何を撮ろうか~♪とファインダーを覗いて歩くと、もれなく前の人にぶつかります。
お気をつけて・・・(-_-;)

text:居候
[PR]

by nabecame | 2011-11-08 02:20 | カメラ撮り比べ