canonet QL17というカメラ

先週、店長からこんなカメラをお借りしました。
e0221870_081783.jpg


Canonet(キャノネット)QL17という1965年に発売されたカメラです。

今回は、電池が発売中止になっているためフルマニュアルで撮影しましたが、電池が手に入ればシャッター速度優先での撮影も可能です。

ファインダーはM型ライカと同じ2二重像合致式連動距離計。
どこにピントがきているのか一目瞭然でわかります。

e0221870_0183581.jpg

(ちょっとぼやけている「3」とはっきり映っている「3」が合わさったらピントがあっているということ)

このカメラは、140 x 79 x 37mmとコンパクトながら、レンズの明るさがF1.7ととても明るい!
これなら夜でも撮れますね!

もうひとつ、このカメラの大きな特徴としてフィルムの装填の仕方にあります。
当時、「フィルムはのせるだけ」と宣伝されたそうです。

それは大げさではなく・・・
e0221870_0253816.jpg

フィルムを奥のカバーに挟み込み、巻き上げるだけ。

めっちゃ簡単!

e0221870_0265238.jpg


慣れれば自動巻き上げでもないのに一瞬でできます。当時これは本当に画期的だったでしょう。
これなら、フィルムを初めて装填する方も使えそうです。

機種名のQLは、実はQuick Loadingの頭文字だったのです。


肝心の撮影結果ですが、
e0221870_0304929.jpg


e0221870_0305846.jpg


e0221870_031724.jpg


ピントも合わせやすく、写りもはっきりしていい。
(作例がはっきりしていないのはきっとスキャンのせい!?はず・・・汗)
非常に使いやすいカメラでした。

気になる方は当店にありますので、一度見に来てくださいね^^

text:居候
[PR]

by nabecame | 2011-02-18 00:33 | カメラ撮り比べ